前へ
次へ

腰痛の上手な治し方とは

激しい運動をしなくとも日常生活で家事をしていたりするだけでも、腰に負担を与えて腰痛が発症する事があります。腰は上半身と下半身の連携で大切な役割を果たしていますから、痛みが発生する事で上半身と下半身の両方に悪影響がててしまうリスクがあります。腰痛を治す時に意識したいのは、激しい運動を控えて安静にする事ですが、同時に病院で検査を受けた方がいいです。痛みは不思議なもので、腰に痛みがあっても別の部分が実は痛みの発生源である可能性もありますから、ぎっくり腰等の明らかに腰を痛めたと分かる時以外は、先ず腰に異常があるのかどうかを確認した方が安心です。検査を受けて腰に異常があると発覚した場合は、医師の診断を良く理解して、医師に言われた通りに腰を治療した方がいいです。基本的には腰に負担の無い状態を維持して、安静にする事が求められます。治療をして痛みが和らいできても、いきなり激しい運動をするのではなく、徐々に体を慣らしていくようにした方が安全です。痛みが和らいだ段階ですとまだ腰に炎症等が残っている可能性があり、その状態で再び負担を与えると炎症状態が酷くなってしまう可能性があります。痛みが完全に無くなった後でも運動をした後に腰をケアしないと何回も腰痛が発生して、慢性化してしまうリスクもあるので、運動後のアイシング等を適切に行う事が大切です。人によって骨の強度等にも違いがありますし、各自が自分自身の腰の耐久力を理解して耐久力を超えてしまうレベルの負荷を与えない様に心掛けた方が安全です。仮に腰が痛い状態で病院を受診しても原因が不明な場合は、鍼灸治療等の治療を受ける事で、症状が改善される可能性もあります。腰痛は関節の動きが悪くなっていたり、筋肉が緊張していたりするだけでも発生する事があるので、鍼灸やマッサージ等で筋肉や関節の状態を改善する事で腰の痛みを解消する事ができます。ただマッサージをした時に凄く痛みを感じる場合は、一旦マッサージ等を中断して再び病院に行った方がいいです。

http://www.nukaga-dc.com/
用賀の歯周病専門医在籍歯医者「ぬかが歯科」です

https://www.nagoya-haisya.jp/
確かな技術・環境・価格で、名古屋市の皆様に安心の歯科治療をお届け

Page Top