前へ
次へ

腰痛の悪循環に陥らないためにも体を動かすこと

医療機関にかかって腰痛の治療をする時には、薬剤を用いるやり方が最も一般的です。主治医が判断をして薬剤を処方するので、指示に従いお薬を使います。侵害受容性疼痛は炎症により生じる痛みですが、それがひどい時には非ステロイド性消炎鎮痛薬の処方です。腰の痛みを抑える作用もありますが、痛みはプロスタグランジンを抑えることで効果を発揮します。解熱鎮痛薬でもありますので、世界的にも有名であり、普通の風邪薬にも使われる種類です。過剰な神経伝達物質が放出をされるのをセーブする、神経障害性疼痛治療薬が処方をされることもあります。一時的なこともありますが、腰痛は慢性化をすることもあり、負の悪循環にならぬよう注意も必要です。腰に痛みを感じるから体を動かさなくなり、精神的にもストレスになってくると、さらに神経が過敏になって余計に腰が痛くなることがあります。誰でも痛みがある時は安静を心掛けますが、腰痛の時には無理のない程度でストレッチをするなど、体を動かすことを心掛けることです。

Page Top